スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基礎代謝とダイエット

すったもんだの挙げ句、最近は毎日のように漢方薬を煎じております(゚Д゚≡゚Д゚)エッ?



ゆるりとカーボフリー(R)


なんやよう分かりませんが、袋に入ったナゾ物質を順番に鍋に入れてぐつぐつ煮込むのです。



透明な水が黄色っぽくなって段々黒っぽくくなってしまいにはチョー焦げ茶色みたいな黒みたいな何とも形容しがたい色になります。



色もさることながら強烈なのはその御臭い様。



臭いの種類は違うけどもそのインパクトをたとえるならば。



締め切った四畳半にきっちり目張りを施して七輪でくさやを3匹まとめて焼いたかのような。



気が遠くなるよな誰かがおいでおいでしてるよなそんなある種のノスタルジーすら思い起こさせる芳香でございます。



夢うつつ生死の境を彷徨いながらとろーりとろーり。



「キレイはキタナイ、キタナイはキレイ」



いつの間にか三人の魔女がなんか煮込んでる場面です。



「女から生まれたものには、マクベスは倒せない」



あーそうか。じゃあσ(゚∀゚ )オレなら倒せるな。でもマクベスなんか倒してもしゃあないな。一応有名人やけど。



そう言えば.....あのパチもん作家のウィリアム・シェイクス(i|!゜Д゚i|!)ヒヤァァ!!!先生はどうしてるんやろ?



たしか先生も「マクビティ」とかいう意味不明の作品書いてたな。



確かこんなんだ。



クラッカー大好き食べすぎて糖尿病になっちゃった主人公マクビティ、中年男性特有の不安に襲われて魔女をたずねます。



魔女:ビジンはブス~、ブスはビジン~でも俺はどっちでもいい~



って最後のナニ?作者の本音ポロリ?



魔女:女から生まれたものには、マクビティは倒せない



ここはそのままパクってますわ。



魔女:ヴァニラを山ほど食べない限り、お前は安泰だ



( ̄口 ̄∥)エエッ?!アイスの話?糖尿バレバレ?



ってか今さらバニラダメとかチョコミントならおっけーとかそういう問題じゃないでしょが(;´Д`)



ま、結局ストーリーらしいストーリーもなく合併症で死んじゃった、って話なんですが(;´∀`)



まあこんな感じで白昼夢を漂いつつ煮詰めること都合四十五分。



できあがりまするは安物のコーヒーを煮出したような代物でございます。


ゆるりとカーボフリー(R)


どんな味...?.



`;:゛;`;・(゜ε゜ )ブッ!!



ムリッ!ヽ(`Д´)ノプンプン!



毎日作ってるけど何が入っとんのか確認したことない。



見てみよう。


・石膏 せっこう 
・知母 ちも ユリ科ハナスゲの根茎
・甘草 かんぞう マメ科カンゾウなどの根
・芍薬 しゃくやく ボタン科シャクヤクなどの根
・牡丹皮 ぼたんぴ ボタン科ボタンの根皮
・地黄 じおう ゴマノハグサ科カヤジオウなどの根
・玄参 げんじん ゴマノハグサ科の多年草、ゲンジンの根
・山薬 さんやく ヤマイモの根茎
・枳実 きじつ 夏ミカンの未熟果実
・白朮 びゃくじゅつ キク科オケラの根茎
・黄柏 おうばく ミカン科キハダの根
・柴胡 さいこ セリ科ミシマサイコなどの根
・茅根 ぼうこん チガヤの根茎
・槐花 かいか エンジュの蕾



よー分からん。



よー分からんけど、つまりは、



地球のだし汁



ってことやな(*`д´)b OK!!!



納得したところで本題に入りましょう。



以前にコメント欄で質問もらったんやけど、ダイエットに関して、これまたよー聞くセリフがありますな。



「極端な食事制限をすると、筋肉が減って、基礎代謝が下がります。結果として、より痩せにくい身体になるのです」



いわゆる「リバウンド」の説明としても頻繁に使われるし、「糖質制限」に対する反論に用いる方もいらっしゃいます。



このブログをきっちりお読みいただいている方には、正しくカーボフリーライフを送ると↑のような出来事には遭遇しえない、ということは既にご理解いただけているものと思います。



この理屈、一見合理的なように思えるし、それなりの説得力があるので一般に広まってしまったのでしょうね。私も昔は信じてたしヽ(°▽、°)ノエヘヘヘヘ



でも「そうだろうな」と思いつつも、「何かおかしいぞ」と感じることの方が実際には多かったのですよ。



だってね。私、かれこれ十数年、「ボクシング」の世界に関わっているのですよ。



ボクシングと減量は切っても切れない関係なのね。理由はおいといて、ほぼ「減量は必須」なのです。



で、プロアマ問わず、競技者生活を送る人々は、日々、厳しい練習をしています。「長時間の激しい運動」をほぼ毎日やってるのです。何年もの間。



彼らは試合が決まると、減量をします。多い人だと毎回10-15キロ(またはそれ以上)落とす人たちもいます。



でも試合をしてない時(普段の練習時)は、けっこう太ってたり、タプタプしてたりする人もヒジョーに多いのです。



私の知る範囲では、普段それほどよく食うヤツはむしろ少数派。どちらかと言えば、食が細めの連中が多いです。非ボクサーの友人たちと比べると。



つまり、「大食ではない」+「毎日激しい運動をしてる」が普段の生活で、その普段の生活をしてると、彼らは太るのです。



おかしいでしょ?



体重比で一般人より筋肉量多いはず。だから↑で言う「基礎代謝が低い」は考え難い。



さらに、毎日の練習で、大きな大きなカロリーを消費してます。有酸素・無酸素運動含めて、毎日2-3時間はトレーニングしてるんだから。



非アスリートに比べると、「カロリー消費はかなり大きい」けども、「摂取カロリーは特に大きくない」。



でも太る。ほっといたらぶくぶくむくむく太っていくヤツもおる。



これ、特殊なケースじゃありませんよ。むしろ日常。ごくフツー。



「彼ら(私もだけど)がなぜ太るのか?」について、「筋肉量が減って基礎代謝が落ちてるからだ」は、全く当てはまらないと思いません?



これについては、私なりの仮説(ってか稚説)はあるけども、それはいいとして。



この一見もっともらしい説明と、現状が合ってないわけで、そこで大きな疑問が湧いてきたのです。



まず、



どの栄養素を、どの程度制限すれば、どんだけ筋肉が減るのでしょー?



次に、



筋肉がどんだけ減ったら、基礎代謝量はどんだけ減るのかしら?



これって学術的に調べんといかんわな。シロートとか街のスポーツ施設が市販の体脂肪計付き体重計で数人分のデータとったとしても、まったく信頼性がないからな。



私ゃ↑のまともなデータがあるかどうか、調べてないので知りません。基本的に興味ないもの(カーボフリー生活と関係ないし)。



でもこんなの調べなくても、下記のデータから考えてみるとこの説のアヤシサが見えてきます。



【人における諸組織・器官のエネルギー代謝】

・肝臓27%

・脳19%

・心臓7%

・腎臓10%

筋肉18%

・その他19% 

「FAO/WHO/UNU合同特別専門委員会報告」1989



今のところ最も信頼できそうなデータです。



「筋肉18%」ってところにちゅーもーく( ゚Д゚)∂゛!!!



ヒトの身体で、筋肉が使うエネルギーはたったの2割弱、だそうですよ。



たとえばある人が一日に全部ひっくるめて2000 kcalのエネルギーを消費するとしたら、筋肉が使うのはそのうちわずか360 kcal程度ってことですよ。



仮に、「筋肉量が減ると基礎代謝が落ちる」が真実だったとしても。



360が350になったり300になったところで、全体から見れば、「殆ど変わらん」でしょ?



筋肉増やしても一緒ですな。360が400になったところで痩せるのにどんだけの影響があると言うのでしょ?



わずかなもんでしょ(´∀`*)ウフフ



だからね。



「食事制限をすると筋肉が減って基礎代謝が下がり、結果的に太りやすくなる」



は、



「トマトを食べないと、野菜不足になっちゃう」



と同じ論法なのよ。



トマト以外にも野菜いっぱいあるっての。



このように、ちょっと考えたらおかしぃぞ、と分かる俗説が蔓延してるのがダイエット界の現状ですわ。



ゆめゆめ騙されませぬようΩ\ζ°)チーン


*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:


かんたんで美容効果バツグン!


スイーツもOK!リバウンドなし!


江部ドクターお奨めの「やせる食べ方」


http://yaserutabekata.com


*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あずきあらいぐま

Author:あずきあらいぐま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。