スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイエットと糖のおはなし①キケンな糖類のこと

最近春っぽいからブログのデザイン変えてみましたよ。



あの雪パンダもなかなか気に入ってたんですけども。



そろそろ北野天満宮の梅林も見頃かなぁ。



ウチの庭にも梅の木がおりますけど、毎年デタラメにカットしまくってるので今年は咲くかどうか分かりません。



年によっては、ムシがいっぱい湧くのですよへ(へ´∀`)へ カサカサ



木の表面がグレーっぽいと思ったら上から下まで全部ムシだったこともありましてへ(へ´∀`)へ カサカサ



これは結構気絶しますよドクロ



グレーのごま粒みたいなんが隙間なくびっしり木を埋め尽くしてるわけでして。



木にムシがたかってるというよりも、ムシが集まって木の形になってるようなもんでございます。



このムシどもを全部取っ払ったら中は虚空なんとちゃうやろか?



などと考えてしまうわけです。



春の夢想です。



こんなトキメキを、`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!教では、「虫即是空」と言い表すのですてんとうむし



分かりましたか?



さて、本日の有り難い説法はこの程度にしておきまして。



カーボフリー実践編その2の1:糖質のおはなし-「糖類」について



に参りたいと思います。



前回のお話しは、要するに「糖質」とはなんぞや?という内容でございました。



カーボフリーライフは、「日常的な糖質の過剰摂取をやめて、真の健康と美を取り戻しましょう」というものですから、「糖質」めらの正体を知っておく必要があるのです。



「糖類、多糖類、糖アルコール、人工甘味料」の甘ぁ~ぃ4兄弟が、



「広域糖力団 糖質一家」の幹部構成員ヽ(▼Д▼*)ノ



これら4人の幹部の下に、それぞれ子分どもが複数いるのです。



「糖質一家」の唯一にして最大のシノギは、「微毒性のある麻薬を堂々と広めること」(」°ロ°)」



こやつらは、その麻薬的な中毒性を以て、多くのヒトをまるっきりのカラ馬鹿にしてしまいます(〃ノωノ)ハズカチィ。



糖質にコロっとイッてしまった人々がどれだけバカの国際見本市なのかは、彼らの科学も論理の基本も無視した稚拙な主張見たらすぐ分かります(〃ノωノ)ハズカチィ。



これらについては、これまで何度も書いてきたのでもうお分かりいただけていると思います。



そして農耕の始まり以来、すっかり穀物たちの生存戦略に乗せられた糖脳人たちはかたつむり



せっせせっせと彼らを栽培しかたつむり



親切にも世界中に広めかたつむり



「甘ぁい微毒」で様々な美味なる料理を次々と考え出しかたつむり



さらなる「穀物需要」を自ら煽り立てているわけですかたつむり



そして糖脳人たちは言います(▼∀▼)ニヤリッ



「もっとコメを食えかたつむり



「もっとムギを食えかたつむり



と。



コメ食ってムギ食ってすいぞうやられて病気になったら、糖脳人のお薬屋さんたちの出番です。



彼らは甘ぁく優しぃく囁きます。



「大丈夫。このオクスリを飲んだら、もっとコメもムギ食えますから(´∀`*)ウフフかたつむり



馬鹿の無限ループ !!!ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ!!!



このたかだか数百年ほどの間にすっかり糖脳グーミンで埋まってしまったこの地球。



もはやヒトのマジョリティはイネ科植物の奴隷と言ってもよいでしょう――<o―д-)o。



地球に残る一握りの賢明な人々は、イネどもの策略から一刻も早く逃れなければなりません。



つまり。



カーボフリーを実践する際は、「糖質一家」の面々とはなるべく接しないように注意する必要があるのです。



さて、具体的なお話しをしましょう。なるべく安直にいきます。



幹部1:「糖類」



これはわりと分かり易いですな。「糖類」の子分は、「単糖類」と「二糖類」。



「単糖類」も子分がようけいますが、日常で注意すべきなのは、「ブドウ糖(グルコース)」と「果糖(フルクトース)」。清涼飲料水とか、調味料、漬け物なんかにもドバドバ入れてあります。



「ブドウ糖」は言うまでもないでしょう。単糖類の代表選手にして人体の重要なエネルギー源。



でもヒトは体内でこいつを作り出せるので、外部から大量摂取を続けると必ず病気になってしまう、「じわじわヒットマンドクロ」の一人です。



「果糖」は「血糖値を上げない」という点ではOKなんですが、なんとも都合の悪いことに、インスリン様のハッスルなくして、「直接脂肪に変身してしまう」という厄介な特技を持っています。



フルーツに多く含まれていることもあって、「健康によい」というイメージを持つ人が多いのですが、残念ながら大きな間違いですかたつむり



「二糖類」は、「単糖類」が二つくっついたものです。



代表的なものとして、



「砂糖またはショ糖(スクロース)」は、[ブドウ糖+果糖]。



「乳糖(ラクトース」は、[脳糖(ガラクトース)+ブドウ糖]。



「麦芽糖(マルトース)」は、[ブドウ糖+ブドウ糖]。



飲食物としては、「砂糖」、「牛乳」、「水飴」あたりですな。



「砂糖」は黒糖だの三温糖だのグラニュー糖だの色々な形態がありますけど、全部一緒よ。



「ハチミツ」もそれなりに健康効果はあるかもしれませんが、主成分は単糖類である「ブドウ糖」と「果糖」。あんまりガバガバ摂るもんじゃぁありません。



長くなるのでここらで一旦まとめましょか。



糖質一家 幹部筆頭の「糖類のおやびん」とその配下ども。



①砂糖とその仲間たち


②フルーツ、ドライフルーツ


③市販の調味料(ハチミツ、ジャム、ソース、ケチャップ、ごまだれ、焼肉のタレ、みりん、白みそ、ポン酢など)


④牛乳(チーズやバターは問題なし)



シンプルな構造なので、「最も急激に血糖値を上げるグループ」とお考え下さい。



「最も太りやすいもの」であり、「最もすいぞうインスリン様に負担をかけるもの」であり、「最も血管内皮を削るもの」です。



そして、市販の飲料食品調味料に、「最も安易に使用されているもの」でもあります。安いから。



つまり、カーボフリー的には、「最も慎重にお付き合いすべき方々」ということです。



いずれも、ごく少量なら問題ないですけどね。



しかし現代では、あらゆる市販品に糖類が添加されてるので、気にせず摂ってたら一日トータルすれば結構な量になると思います。



お肌や体重が気になるなら、毎日食べるのはやめましょう(゚Д゚)ノ ァィ



次回は、ご飯、パン、パスタなどに含まれる、「多糖類」についてお話しします。



/////////////////////////////////////

太らない食べ方あります。
(財)高雄病院で開発・実証済み
本当に美容・健康によい低糖質ダイエット
http://yaserutabekata.com
/////////////////////////////////////

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. ナルホド!!

最近、成分表を見る癖がついてきて、ある程度食べてはいけないものの区別がついてきたんですが、それでも専門用語がいっぱいで(>_<)


ジムの後に飲んでた(今は飲んでません)プロテインにスクロースとトレハロース等が入ってたんですが、どうやら血糖値上げる物だったんですねΨ(`∀´#)


増粘多糖類もナカナカ専門用語みたいで好きなんですが、また次のブログをお待ちしてます\(^_^ )( ^_^)/


ってか、あずきあらいぐまさんは、何を召し上がってるのかコソッと教えて欲しいです(笑)

2. Re:ナルホド!!

>クレイモアさん

私が何食べてるか...?

うーん。色々やけど...

10-11時ごろに朝昼兼用の食事をします。この時は何でも家にあるもの食べます。ご飯パンパスタなんかもあれば食べるしなければ食べません。適当です。

基本的にこれ一食ですわ。夕方5時ごろ極端に空腹ならなんかつまみます。この時は糖質は殆ど摂らないですね。

で夜まで仕事して夜はジム行って帰宅が22時半~23時くらいですかね。

帰ったらひたすら酒飲みます。主に焼酎のお湯割りですけど赤ワインとかたまにビールとか日本酒とか。気温によりますな。

おつまみもあれば食べるけどなければないで。チーズとか豆腐窯とかオリーブとか。

大体こんな感じかな。

3. ナルホド!

なんか細い人って、何食べてるのか、全く予想できなかったので、なんか親近感湧きました(笑) 

ありがとうございます\(^_^ )( ^_^)/


今まで入らなかったサイズの服を着れることが分かり、感激しましたので、締めに体重表送りますm(__)m
プロフィール

あずきあらいぐま

Author:あずきあらいぐま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。