スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低糖質だとケトアシドーシスが起こ....ってたまるか

先日のコメントにもありましたが、「糖質の摂取を控えてまーす」なんてことを言うと、シュガーブレインな人々から悪口をたくさん頂戴します(。-`ω´-)ンー



医師や学者のみなさんが、それぞれの立場で長期的な影響について研究し、議論するのは大事なことですけども。



「日本人の身体はコメ食うように進化してるのだ」



とか



「日本人の腸は西洋人の腸より長いのだ」



とか。



笑い飛ばすのも面倒くさい(;´д`)トホホすぎる神話を盲信してるようなあんまり知能のお高くない方々が、聞きかじりの知識を披露するだけですから、「批判」とはとても呼べません。



ただの「悪口」ですな。



「お前のかーちゃんでべそー」と同じレベルですわ)´0`( No~



せめて見てから言え( ゚Д゚)オラ



そんな彼ら彼女らが空気中にまき散らす汚染物質を除去するシリーズ第八回目のお題は、



低糖質だとケトアシドーシスが起きるから危険!(o´c_`o)? Pardon?



はぃはぃ......(o´∀`;o)aポリポリ



なんか「管理栄養士」とか名乗ってるぉヴァカ様もこんなことサイトに載っけてたりするのよねぇ。



せめて勉強してから発言すべきやと思いますよ一応なにかの専門家さんなんでしょー?



ケトアシドーシスってのは、ほぼ1型糖尿病の方のみに起こる症状どすぇ。



めちゃめちゃ簡単に言うたら、糖尿病などで脂肪酸代謝が多い人で、インスリンがめちゃめちゃ不足→筋肉などが血糖を取り込めない→ケトン体合成→血液が酸性に傾く(アシドーシス)→意識障害など



という症状です。1型糖尿の人にはとてーも危険だそうですわよ。



あと甘いドリンク飲み過ぎたら急性糖尿病→ケトアシドーシスってのもあります。ペットボトル症候群てやつですな。こっちはとりあえずおいときます。



糖質を摂らないハッピーライフを送り始めると、初期には血中ケトン体がドッカーンと増えます。



ケトン体の基準値は26-122μM/lですけども、カーボフリーな人々はまず2000-4000μM/lくらいになります。



これがだんだん下がってくるんですが、でも基準値よりは高いまま、ということもよーくあるのです。



ここで毎度お馴染みグーミン谷のカタツムリンたちは、



かたつむりた、たいへんやっ!かたつむりきじゅんちこえとる!かたつむりけとんたいがいっぱいあるからかたつむりけとあしどーしすやっかたつむり(∑○Д○;)キャァァァ!!!かたつむり



ってうろたえるみたいです。



ねえグーミン♪



こっち向いて♪



|д゚)ノ⌒●~*クラェかたつむり



糖脳人は目に見えるとこだけをとらえてコペンな思考をするので仕方ないのでしょうけどねぇ。



カーボフリーピーポーのケトン体値が高いのは、脂肪酸とその子分ケトン体を身体のエネルギーにしているからです。



つまり脂肪をちゃんと使って生きてるってことですわ。



生物の一種として正しく生きてるの。



野生の動物さんたちと一緒(☆ФωФ)ノニャーン♪



ところがケトン体の基準値の方は、糖脳人にとってのフツーの食事、自然界ではちょっと珍しい炭水化物(糖質)メインお食事をされてる方を対象に設定されてるのよ。



だから基準値超えたって全く問題おまへん。常に脂肪使ってるんやから、血中ケトン体が多いのはあたりまえですわな。



ブドウ糖袋めらは、脂肪なかなか使わなずにせっせと糖質摂ってはそればっかり使うなんていう(;´∀`)・・・うわぁ・・・



まるでまともな井戸があるのに使わないでしょっちゅう川まで水汲みにいくよなキミョーな生活送ってはるから(;´∀`)・・・うわぁ・・・



血中ケトン体は当然少なくなります。



そんなあるものも満足に使えない不自由なグーミントロールたちのために設定された基準なんかが。



動物本来の代謝機能をフルに活用してるヒトたちに適用できるわけおまへんがな(*´∀`)ノ ナンデャネン!



さらに。 糖尿病じゃないカーボフリーピーポーの体内では、インスリン様がまともに働いているのです。1型糖尿病の人たちみたいなインスリン様の絶対的欠乏なんておきやしない。



インスリン様に問題ある2型糖尿病(患者さんが圧倒的に多い方の糖尿病ね)でもケトアシドーシスなんてまず起こらないのにぃ。



なにゆえインスリン様正常な健常者でケトアシドーシスが起こるのですかぁ?



健常者でも、糖質摂りすぎたら起こりますよ。前述のペットボトラーたちね。



でもカーボフリーな人々は、糖質あんまり摂らないのよ。


なぜ起こる?



どんな仕組みで?



ってゆーか、どういう思考の経路をたどって「低糖質だとケトアシドーシスが起こる」と考えたのか、教えてほしい。



分かるでしょ(^~^;)



彼(女)らは、何も考えちゃぁいない(^-^;;)=モウイイカラ・・



はいまとめましょ。



結論: 低糖質ライフで、ケトアシドーシスなど起こりませんщ(゚д゚щ)カモーン



なったヤツおるなら連れてきて欲しいわ(;´Д`)



/////////////////////////////////////

美容・健康によく、太らない食べ方あります。
(財)高雄病院で開発・実証済み
低糖質ダイエットのお供にどうぞ♪
http://yaserutabekata.com
/////////////////////////////////////

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. なるほど

難しいけど
ちょっと分かりました。

僕はペットボトル症候群だったんですね。前にも書き込みしたけど、ケトアシドーシスで去年1ヶ月入院してました。
正直、血糖値が最大600越えてて危なかったんです。でも健康になると、そん時のツラさを忘れてしまいます。

人間ってダメな生き物ッスね。

2. Re:なるほど

>才蔵さん

がばがば飲まなかったら大丈夫でしょうけどね....

最近は甘味料使った糖質ゼロ系のソーダ飲料もありますので、なるべくそういうものを飲まれたらどうでしょう?

果汁100%なら糖質量は少なくないですが、果糖(血糖値に影響しません)が結構含まれているので、砂糖たっぷりの飲料よりはマシかと思います。

果糖もまた摂りすぎると健康への悪影響がある可能性が示唆されていますが.....

私は甘い飲み物が嫌いなので殆ど飲まないですが、夏の運動後にはゼロコーラ飲むこともあります。

3. 糖質0のソーダ

>あずきあらいぐまさん

糖質0のソーダだったら、飲んでも脂肪燃焼ボディ構築にあまり影響しないって事ですか??(´∀`)

甘味料が糖質に含まれないってのが意外で。

4. Re:糖質0のソーダ

>クレイモアさん

あー、正確に言うと天然甘味料(ショ糖とかハチミツとか)はもちろん糖質含みますけどね。

合成甘味料(アセスルファムカリウムとかアスパルテウムとか)と、糖アルコール(キシリトールとかエリスリトール)とかは血糖値上げるものと上げないものがあります。

アセスルファムカリウム、アスパルテウム、スクラロース、エリスリトールは大丈夫なはず(っていちいち全部覚えてないわ自分で調べて♪)

いずれにせよ甘い飲料に必ずと言っていいほど入ってる「果糖ブドウ糖液糖」という恐ろしい物質ほどは血糖値上がらないからまだマシってくらいに認識しとけばいいでしょう。

マジでやせたきゃじゅーちゅなんかガブガブ飲むなってことで(°∀°)b

5. なるほど!

>あずきあらいぐまさん

これ以上ないくらい分かりやすかったです(笑) ジュース飲まないことですね\(^_^ )( ^_^)/
プロフィール

あずきあらいぐま

Author:あずきあらいぐま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。