スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脂肪は糖の炎によって燃える....ってウソみたいですよ

お風呂屋さんが好きでよく行くのですけどね。

特に寒い時期の我が家は外より寒かったりするから家で風呂入るにはけっこう勇気がいたりしますもので。

夏は夏で風呂屋帰りに居酒屋巡りが楽しいからまぁ季節はどうでもいいのですけども。

風呂屋には色々な人がいて、人間観察もまた面白いものであります。

よくいるのが、サウナでオリジナル感あふれる体操してるおっちゃんですな。

素っ裸で腰ふり体操とかちょっと暑さでおかしくなったんちゃうやろか?とか思うこともしばしばで。

まぁオリジナル体操系オヤジ達のオリジナルっぷりはなかなか見応えあったりもするんですが(;´Д`)

昨日はどう見ても筋トレ帰りのおホモだちみたいな兄さん方が微妙な距離をとりつつもなんかラブラブ光線出してたし。

全身不自然なくらい日焼けしてるのにくっきりTバック的な痕つけてたりして。

あ。私そのへんの事情はよう知りませんけど、ロッカーのカギを足首に装着してる方はおホモ様だとか(ほんまに?)。

そういう方たまにいらっしゃいますけどね。

これが真実だとすれば、いったい風呂屋に何を求めて来てるんだかナゾですなナゾ(メ・ん・)?

あと、1人でひたすら喋ってる爺さんとかね。これも結構多い。

今日も先ほど行ってきたんですけど、いましたね。

風呂ん中でもひたすら「おっしゃ!」とか「うーん!」とかなんかやたら気合入れてはったんですがね。

風呂出た後も脱衣所で絶え間なくお一人様トーク炸裂。

「あー!もう九時かー!」

「あー!もう九時かー!」

.......

何?合いの手入れて欲しいの?

「あーもう九時かー!」を連発されてもさ。

「九時ですねぇ」くらいしか返しようがないじゃないの。

で、もしそう返したとしましょうよ。

その後、

「ほんまに九時やなー!」

とか言われるんですよきっと。

そしたら、

「ほんまに九時ですねぇ」

って言うしかないわけで。

でもさ。

この後のさらなる返しって、

「ほんまにほんまに九時やなー!」

って必然的になるのですよ。

そしたら私も、

「ほんまにほんまに九時ですねぇ」

ってつなぐ羽目になりますわな。

で、こんな虚しいキャッチボールを100回とか200回繰り返してみなさいよ。

とっくに十時とか十一時になってんのに、

「ほんまにほんまにほんまにほんまに(×100).......九時やなー!」

ってまだ言うてなあかんわけですよ。

だから気の毒やけど無視しました。

ごめんよ爺さん(θωθ)/~

もっと早い時間ならお相手したけどさ(ヾノ・∀・`)ナイナイ

はい。お風呂屋さんは楽し(*´∀`*)

でもって表題です。

「脂肪を燃やす”焚き付け”として糖質が必要だ」

とか。

「脂肪は糖の炎の中で燃えるのだ」

とか。

まー、私もわっかい頃からしょっちゅう聞いたり読んだりしてきたフレーズなんですけど。

これって一般的な解釈としては、

「運動時は、まず体内に貯留されているグリコーゲン(糖質ね)を消費して、それがなくなったら脂肪を燃やす」

みたいな感じで捉えられることもあるようです。

だから運動始めに糖質必要なんだ、糖質も充分に摂取しないとダミなんだ、と続くようですが。

このフレーズを唱えたのって、ローゼンフェルド(Rosenfeld)っていう生化学者で、1895年のことなのよね。

19世紀でっせ19世紀。

日本と清が下関条約を締結したりとか、アテネで第一回オリンピックが開かれたりとかそんな昔のお話ですよ。

そんな「山道で見上げ入道に出くわした」と変わらんくらい古い昔話、どの程度正しいものやらと思ってたんですけどね。

もちろん、生化学者のお話しですから、上で言うてるような一般的な内容ではなくて、脂肪酸をケトン体に分解するために充分な糖質が必要だぁ、みたいな観察によってこのフレーズが生まれたわけですが。

今でも「糖の炎」神話は日本でもアメリカでも思いっきり生き残っております。

そりゃもう家で異音がするのは「鳴家」という子鬼がいるからだってのと同じくらい生き残ってます(「やなり」と読みます念のため)。

「生化学の教科書にのってる常識だ」的な扱いになっておりますから、当然これを金科玉条として「糖質制限は(´Д⊂ダメポ!」と主張してる人は腐ってるほどいはります。

「脂肪を燃やすには糖が必要」

「糖を摂取しない場合、筋肉を分解して糖を補う」

「なので筋肉が減る」

「基礎代謝が減ってやせにくくなる」

みたいな念入りなお話し作ってはるんですね。

でもね。私、これにすごい違和感感じてたのですよ。

だって私の周り、糖質全く摂取しない方がいっぱいいるもの。

江部先生を含めて運動してる人多いし、フルマラソンにトライアスロンまで出場してる人もいるわけで。

私もほぼ糖質摂らないけど、フツーにボクシングジムで毎晩暴れてるわけで。

上の理屈に従えば、私たち筋肉どんどん減ってもう立ってるのもやっとって感じ(´∀`*)?

で、あんまり難しい話はこのブログでは避けたいんでできるだけ簡単に言いますと。

と言っても限界あるなぁ....生化学の話はややこしすぎる....

うーん。思い切って話を端折りまくってしまうとー、

脂肪を燃やすには、オキサロ酢酸(以下「お」)ってのが必要です。

「お」は糖質からしか作られないと考えられてました。

でもそれは実は間違いで、「お」はタンパク質からも作られることが分かってます。

だから別に糖質なくても脂肪は燃ゆるのです。

こんな感じ。ちょっと乱暴やけど(^_^;

まあとりあえず覚えておいていただきたいのは、Manninen先生とかRobergs先生とかRoberts先生なんかの(知らんでしょうけど)「今どきの研究」の結果、

「脂肪は糖の炎によって萌える」は誤りだった

ことが判明したってことです。

いずれ詳しく書きますわー(*'▽'*)♪

☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:

かんたんで美容効果バツグン!

スイーツもOK!リバウンドなし!

江部ドクターお奨めの「やせる食べ方」

http://www.yaserutabekata.com

「お医者さんが考えた ダイエットライス」

おかげさまで大好評です!
http://www.yaserutabekata.com/shop/kome_dietrice.php

*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. でーすーよーねー

おかしいなぁと思ってたんですよ・・・

炭水化物を食べないと脂肪燃焼しないって、ダイエットQ&Aで念仏のように唱えられていますからね
けど、じゃなんで糖質制限で痩せられるの?
説明できないよねってすごーく疑問で・・・

ま、きっと、そうでないと困る人が世の中にいるので蔓延らせてるんでしょうね、きっと

ちなみに、京都時代に銭湯文化を知ったので、大阪に移ってから「洗髪料」をとられてビックリしたのを覚えています
ああ戦闘、いえ銭湯行きたい・・・

2. 筋トレ

ガンバってるブログ仲間に、トレーナーの方から糖質取れとか、炭水化物も取りましょうとか言われてるコがいて、参考になるかと、コメ欄にリンクさせていただきまちたー!事後報告ですんませんm(_ _)m

3. Re:でーすーよーねー

>caorita@ボジョレー解禁タイムに焼酎さん

ボジョレー....イベント的に飲んでしまってはがっかりする飲み物No.1ですね('∀`)

「洗髪料」ってなんすか?銭湯で髪洗うのに料金いるとか?

お江戸はフツーの風呂屋でもサウナは別料金と聞きました。京都の風呂屋はサウナも露天風呂も料金込みですからお得なんですねぇ。

4. Re:筋トレ

>mamokenさん

いつもありがとうございますー。早速ご丁寧なメッセージいただいております。後ほどご返信させていただきます。
プロフィール

あずきあらいぐま

Author:あずきあらいぐま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。